» jp.Rendering overview
This site relies heavily on Javascript. You should enable it if you want the full experience. Learn more.

jp.Rendering overview

English

The original english version of this page is newer and may contain information this translation does not have! Click here to view the english version.

基本構造

何かを描画するときに時には、大体いつも同じようなパッチ構造になります。

  1. プリミティブ (like the Quad (DX9) ) やエフェクトを組み合わせたメッシュ (Sphere (EX9.Geometry)PhongDirectional (EX9.Effect) のようなもの )
  2. を Transform 系(Translate (Transform)UniformScale (Transform) など)のノードを使って配置し、
  3. Group でまとめて、
  4. そしてウィンドウに描画します。

3D シーンを作りたい時には Depthbuffer が必要です.

エッジがジャギジャギしたり醜いですか?そんな時は Antialiasing をオンにしましょう。

レンダラをフルスクリーンにしたい場合。

  • フルスクリーンにしたいモニタに持っていって、
  • インスペクタ Inspektor を使って、その Fullscreen Dimensions を変更しましょう。
  • ALT+Enter を押せば、フルスクリーン状態をトグルで変更できます。

詳細は Renderer (EX9) のヘルプパッチを見て下さい。

vvvv\girlpower\ ディレクトリにサンプルもあります。

  • Graphics\DX9\Geometry
  • Graphics\DX9\Shader

こちらもどうぞ:

カメラ

同じシーンで、違う視点から描画したい場合時には Camera (Transform Softimage) ノードを Renderer に繋げましょう。

vvvv にはいくつかのカメラノードがあるので、それらのヘルプパッチをチェックしましょう。

こちらもどうぞ:

スプレッド

オブジェクトをスプレッド化します。
CircularSpread (Spreads) を使って 12 個の球をサークル状に生成します。
加えて、LinearSpread (Spreads) を使って、16 個の四角を線状に生成します。

こちらもどうぞ:

アスペクト比

Renderer にある(デフォルトでは隠されている)、Aspect Ratio 変換は、描画結果がウィンドウのサイズに依存しないように、座標系を伸ばしたり縮めたりできます。

レンダラの座標系では、ウィンドウの水平方向の伸ばされ具合に対応して、垂直具合も引き延ばされます。

AspectRatio (Transform) のヘルプパッチをチェックしましょう。

こちらもどうぞ:

テクスチャ

画像は Texture ピンでエフェクトに適用できます。 Quad (DX9) のようなプリミティブも同じく 'Texture' ピンを持っています。

こちらもどうぞ:

デプスバッファ

関連ノード

Renderer (EX9)
ZWriteEnable (EX9.RenderState)
AlphaTest (EX9.Renderstate)
Cull (EX9.Renderstate)

デプスバッファはシーンの深度情報を保持します。深度とはいわば各ピクセルの z 座標です。

もし、デプスバッファがオフの場合(デフォルトでオフです)、オブジェクトとそのフェイスは単純にスライスインデックスの順に描画さるので、期待とは違った奇妙な描画結果になります。

 Inspektor を使って、Renderer (EX9) のデプスバッファをオンに出来ます。

"Windowed Depthbuffer" と "Fullscreen Depthbuffer" があり、デフォルトで "None" になっているので、D16 や D24 にしましょう。(この 16 や 24 といった名前はデプスバッファのビット数になります。)
基本的には D24X8 を選んでおけば大丈夫です。

デプスバッファを使わず、後ろの方にあるオブジェクトから順に描画していく方法は painters アルゴリズムと呼ばれます。

デプスバッファを有効にすると、各ピクセルを描画する時にテストが行われます。もしあるピクセルを描画する際に、すでにカメラにより近いピクセルが描画されている時には新しいピクセルで上書きはしません。また、今描画されるオブジェクトが既に描画されている物よりもカメラに近い場合には、カラーバッファを上書きします。

こちらもどうぞ:

アンチエイリアス

Antialiasing at Mathworld
Antialiasing at Wikipedia

回転したり、曲がっているオブジェクトを書く場合、アンチエイリアスがオフだとジャギジャギに見えます。(デフォルトではアンチエイリアスはオフです。)

アンチエイリアスを有効にする時には、Renderer (DX9) の 'Fullscreen / Windowed Antialiasing Quality' を設定しましょう。基本的には 4 が丁度いい値です。
これは Inspektor から設定できます。

anonymous user login

Shoutbox

~2d ago

cznickesz: @tonfilm thanks for the info. Can´t wait to give it a try!

~3d ago

tonfilm: @cznickesz #vvvv #vl #xenko integration is not ready for the public yet, it's still under heavy development... more updates soon.

~3d ago

cznickesz: Possibly dumb question: is there any release containing xenko-integration right now?

~4d ago

~5d ago

~6d ago

joreg: looking for latest #vvvv gamma preview? it is here: vvvv-gamma-2019.1-preview

~6d ago

udo2013: I just want to know why the camera does not work. should be easy to be answered.

~6d ago

udo2013: an answer, please. also there was a 4d julia set in dx9. that must have programmed one. haalllooo!!

~6d ago

udo2013: where are the people who have translated shadertoy's mandelbulb in hlsl ?? for vvvv